動物病院ってどうして高いの?

「動物病院ってどうして高いの?」のイメージ画像

犬を飼い始めたときに思うのが「え?こんなにお会計高いの?」ということではないでしょうか。
もちろん、受ける治療内容によっても金額は変わりますが、動物病院でのお会計が高いのは人間のような保険制度がないからです。
わたしたちは毎月保険料を支払っていて、病院での治療費は3割程度の負担となります。しかし、動物においてはこうした保険制度がないので、毎回治療費は10割負担になってしまいます。
また、動物病院は自由診療なので、料金は一律ではありません。
そのため、ネクスガードを処方してもらうのにA病院ではお会計が1,500円だった場合でもB病院では3,000円かかることもあります。
最近ではペット保険などもありますが、良し悪しがありますので加入するべきかどうかは難しいところです。

ネクスガードは毎月1回の投与だけですが、ノミやマダニは季節問わず潜んでいますので、通年投与が望ましいとされています。
体重別に4製品(超小型犬・子犬用、小型犬用、中型犬用、大型犬用)ありますが、体重が重い製品ほど金額も高額になります。
ノミ・マダニを徹底的に予防するには1年で12回分のネクスガードが必要になりますので、少しでも負担を減らしたいところ。
そのためには動物病院を介さず個人輸入での購入がおすすめです。
詳しくは次のページで紹介します。


上へ戻る